1. 目指せ! プリント配線板技能検定合格 ゼ萋声圓範辰任ました
  2. 目指せ! プリント配線板技能検定合格 ぜ萋声圓いました!
  3. 目指せ! プリント配線板技能検定合格 受験申請はどうするの?
  4. 目指せ! プリント配線板技能検定合格 試験は年に1回だけ
  5. 目指せ! プリント配線板技能検定合格 経験が必要だ!
  6. 目指せ! プリント配線板技能検定合格 ,呂犬泙蠅脇梅とともに


★関連する書籍★



TOP > プリント基板技能検定

プリント基板技能検定

目指せ! プリント配線板技能検定合格 ゼ萋声圓範辰任ました

本日、ついに1級取得者の方とお話ができました。 

「今日の収穫」

ー袖算邯海CADは使わない

 上記、驚きましたね。紙と定規を使って作図する設計だそうです。懸案事項として「どんなCADを使うのだろう?」というのはありましたが、まさか紙とは想像もしていませんでした。(CADが前提だった自分もうかつですね)言われてみれば、CADの習熟度は関係なくなるわけですから、なるほど! とも思いました。でも手書きですよ? 一緒に受けようか? という友人は私よりも若いので当然手書きの経験はなく、私よりも途方にくれていました。 マイ円定規が15年ぶり? くらいに復活することになるのでしょうか?

 とはいえ、本当に手書きは長い間やっていませんから、不安です。4時間の試験ですが、それでも足らないくらいの回路規模らしいです。

「今はCADかも」ということでしたが、その方が受けたのはそんなに昔のことではありません。多分CADは使わないのでしょう。

合格率は2割程度

 これも驚きました。難しい試験らしいのです。正直、嘗めている部分もあったのですが、「学科はテキストをしっかり勉強して身につけていないと無理」というお言葉をいただきました。

「テキスト」入手が必然のようです。かつ勉強も必要。

漠然と本を読んでいても駄目なことが分かりました。さて、どうしましょう? でもいまさら後へは引けませんから、「合格者は2割もいるんだ」と気持ちを切り替えて頑張ります(気持ちを切り替えて楽観的になるのには自信があります(笑))。


目指せ! プリント配線板技能検定合格 ぜ萋声圓いました!

長い間、基板の設計を仕事にしてきたのですが、これまで「プリント配線板技能検定」を受けたことがある人と出会ったことはありませんでした。 ところがです、ある用件があって、お客様の名刺を探していたら、「プリント配線板一級技能士」という文言の入った名刺がありました。 意識してみていないと忘れているものですね。

その人とは一度しか会ったことがありませんでしたが、いつもそのお客様と会っているお客様とは良くお会いしているので、(変な文章!)そのお客様に事情を説明して仲買してもらうことにしました。

主旨を説明していると、そのお客様(以降Nさんとさせていただきます)も、「私も受験するぞ」ということになりました。仲間が出来たとは心強い限りです。

近々に「一級技能士」の方とお会いします。いろいろと聞きたいことがありますので、大変楽しみです。お会いした結果はレポートしますね。

本は読んでいます。3冊読み終えました。


目指せ! プリント配線板技能検定合格 受験申請はどうするの?

受検申請書があるらしいです。各都道府県職業能力開発協会にそれを提出するそうですが、都道府県及び試験項目によっては、インターネットでの申請を受け付けているそうです。

調べていたら、技能検定のインターネット申請ホームページアドレスが判りましたhttps://kentei.javada.or.jp/

プリント配線板技能検定は後期ですので、未だ案内がありませんでしたが、前期の分が載っていました。

インターネット申請では、個人で申請される方のみが対象となります。企業・団体等で取りまとめて申請される方は、受検申請する都道府県職業能力開発協会にご相談ください」 とあります。

企業・団体というのは複数で受験するということなのでしょうか? 会社から一人だけ受ける場合は、個人扱い? ネット申請が出来れば楽でいいですよね。

そろそろ、協会にいろいろと質問してみる必要がありますね。

ところで、「受験手数料」の負担をどうするか? これから会社に交渉して何とか負担してもらいたいと目論んでおります。 その経過もリアルタイムでご報告します。頑張ります。


目指せ! プリント配線板技能検定合格 試験は年に1回だけ

左のアンケートやってみましたか? 未だの方は是非、お試し下さい。CR5000がトップでプロテルとPCBEが追っかけている感じです。簡単に設定できましたから、これからは定期的に違うテーマで実施してみたいですね。

ところで、技能検定の試験ですが、下記の日程になっています。

「今日の収穫」

公示       平成18年9月1日
申請受付    平成18年9月25日 から 10月6日まで 
実技       平成19年1月28日(日) 
学科       平成19年2月11日(日)
合格発表    平成19年3月13日

実技も学科も日曜日です。会社は休まなくていいようになっていますね。うちの社長からは「有給を有効に使いなさい!」と言われていましたが、使わなくても大丈夫みたいです。社会人相手の試験ですから、当然の心配りなんでしょうね。合格発表の日だけは平日なので、休みをもらいますかね!

ところで、発表はどうやってなされるんでしょうか?

公示まであと3ヶ月……。  まだまだ分らないことだらけです。

どなかた、読んでいらっしゃる方で経験者はいらっしゃいませんか? PBのアドレスにメールを送っていただければ、すぐにお返事差し上げます。いろいろと教えていただければありがたいのですが!!!

本、読んでます。フレキシブル基板なんかの知識も試されるのでしょうか? 知らないことも結構あったりして、ため息をつきつつ勉強中です。

 


目指せ! プリント配線板技能検定合格 経験が必要だ!

いきなりですが、今日の収穫

ー験資格として実務経験があるらしい


●1級技能検定 7年以上
 2級合格であれば2年の実務経験、3級であれば4年の実務経験で受検可能。
●2級技能検定 2年以上
 3級合格であれば、実務経験なしで受検が可能
●3級技能検定 6ヶ月以上
 検定職種に関する専門学校等を卒業または在学(1年生を含む)していれば、  受検が可能になりました。

一応、1級を受ける資格はあるようです。これでも緩和されたそうで、以前は、例えば1級であれば12年の実務経験が必要だったらしい。さて何級を受けたらいいのか? 近々に決めたいと思います。

でも、実務経験ってよく分らない定義じゃないですか? どうやって証明するんだろう? 回路設計と基板設計を両方やっていた場合はどうカウントするんだろう? これも調べないといけませんね。

∋邯海麓袖擦罰慍併邯海蕕靴

実技試験? どうするんでしょう? 基板設計するの? CADは何使うの?

学科試験? 何を聞かれるんだろう? 難しいの? 文章問題?

?ばっかりになりました。調べることがいっぱいになります。

このブログの左にある書籍を買いました。なにごとも形から? 4冊です。なるべく早く読破したいと思います。学科試験があるのなら役に立つはず! 果たして自分の知識はどういうレベルにあるのでしょう? 勉強の結果もここで紹介していきたいですね。


目指せ! プリント配線板技能検定合格 ,呂犬泙蠅脇梅とともに

プリント基板設計の「資格」があるのを私は知りませんでした。今日、突然上司から呼ばれて「基板設計にも技能検定があるから取りなさい」という指令があって、初めて知ったのです。

「えっと、どんな試験なんですか?」 「詳しくは知らない。お客様でとった人がいたと聞いただけなんだ」 「だったらどうやって……」 「それも調べることだね。あ、ブログに実践記も書いてね」 「……わかりました」

ということです。これからよろしくお願いします。

まず、ネットでどんな試験なのか? 調べようと思いました。検索エンジンで「基板 試験」と入力しましたが、試験基板とか、全然関係なさそうなものばかりです。「プリント基板 試験」「プリント基板 資格」 どちらも駄目でした。 それで、探すこと10分くらいでしょうか? 「プリント配線板 資格」でやっとヒットしました。

今日の収穫

1、「プリント配線板技能検定」 が正しい名称だとわかった

2、やはり等級があるらしい

特級  ……  管理者または監督者が通常有すべき技能の程度
1級及び単1等級  ……  上級技能者が通常有すべき技能の程度
2級  ……  中級技能者が通常有すべき技能の程度
3級  ……  初級技能者が通常有すべき技能の程度

3、厚生労働大臣名(特級、1級、単1等級)または都道府県知事名(2級、3級)の合格証書が交付され、技能士と称することができるらしい

4、ブログに書き込みした